SSLサーバ証明書チェッカー

お持ちのウェブサイトのSSLサーバ証明書が有効期限切れでないかチェックできます。

調べたいホスト名を入れて下さい

https://
入力例:www.en-pc.jp (「https://」や、「/」などは入れないでください)

SSLとSSLサーバ証明書について

SSLは暗号化通信の技術です。ここで提供しているチェックツールは、通信先のサーバが提供しているSSLサーバ証明書を見て、有効期限内であるかどうかチェックを行っております。

SSL自体は通信の暗号化を行うだけです。これによって通信中のデータをのぞき見されても容易に中のやりとりを特定できないようにする事はできるようになりました。
しかし、実際に通信している相手が本来の相手ではなく、悪意を持った第三者だったらどうしましょう?せっかく暗号化を施しても相手が間違っていたら意味がありません。
そういう発想のもと、通信先のサーバにSSLサーバ証明書、というものを持たせるようになりました。これで相手が本当に正しい相手か、というのがチェックできるようになりました。

SSLサーバ証明書は通常、第三者機関(セコム(旧ベリサイン)、シマンテックなど)が発行したものを使用します。そのSSLサーバ証明書には、その第三者機関から発行された、という情報も含まれていて、ウェブブラウザーはそのチェックも行います(詳しくは割愛します)。こうやって、インターネット上での通信を安全に行う努力がなされているわけです。

このSSLサーバ証明書ですが、一度取得すれば良いわけではありません。運転免許証と同じように有効期限があります。通常は1年間だったりするのですが、次の有効期限が来るまでに新しいSSLサーバ証明書を取得しなおさないといけません。実はこの1年というのがサーバ管理者泣かせで、期限が近づいているのに次の更新を忘れる、という事があったりするのです。
もちろん、しっかり管理しているところであればそんなポカミスはしないのですが、やはりここは人の常でどうしても忘れがちになります。サーバ管理者の方はいろんなツールを使うなりして気をつけるしかないですね。

ここで行っているのは、SSLサーバ証明書を見て、その有効期限とホスト名(Common Name)を取得、表示しております。
なお、実際のウェブブラウザでは、改竄検知も行っておりますが、ここではそこまでのチェックは行っておりません。

OUR MISSION

私たちの仕事に対する思想・姿勢

「ITで人を豊かにする」

ITで人を豊かにするという信念のもと、日々新たな製品・サービスを開発・ご提供しております。最後まで誠意をもって取り組んで成果を出す。ご縁を頂いたお客様に安心と満足をご提供出来る様、誠心誠意取り組んで参ります。

CONTACT

お問い合わせはこちらから。

pageTop