winmail.dat変換ツール

winmail.datファイルを本来の添付ファイルに変換するツールです

winmail.datファイルをアップロードして下さい

winmail.zipという名前で変換された圧縮ファイルがダウンロードされます。正しいwinmail.datであれば、本来の添付ファイルが含まれます。

winmail.datって何?

まれにですが、送られてきたメールに「winmail.dat」という添付ファイルがあり、なんだこれは? となったことはありませんか?

メール本文中に、例えばですがPDFを添付します、と書かれていた場合に、「はて?これはPDFではないし」と疑問に思い、再送を依頼する事もあるかと思いますが、再送されたファイルがまた同じ「winmail.dat」でお互い困ってしまった、なんていう事もあるかと思います。

winmail.datの正体は、正しく設定されていない Microsoft Outlook が、独自仕様でメールデータを作り上げた結果できたものです。独自仕様だから、Outlook以外のメーラーではこのファイルを正しく解釈できません。

そして、これはメールを送る側の問題なのですが、メールを受けた側でしか気付かないのです。送った側は正しく添付した、という認識しかないため、お互いwinmail.datの理解が無いと何とももどかしい会話になってしまうわけです。

Microsoft側もこの問題については理解していますから、「メールのメッセージ形式が Outlook のインターネット メールのメッセージに与える影響」という内容で、サポートサイトに「こうしてください」という事を書いてくれています。まずはこの内容をメールを受信された方はお伝えするとよいでしょう。

そして、それを待っている時間が惜しい方は、当ページのツールを使って、デコード(本来のファイルへの変換)を試みてください。

この問題は、Outlook 2019という最新バージョンでも起きる様です。最初は Outlook 2003 から起きていた事象で、未だに続いているという事に正直驚いております‥‥驚きのあまり、こんなどうでもよいウェブツールを作ってしまいました(笑)

OUR MISSION

理念

「ITで人を豊かにする」

私たちが開発したシステムやサービスを通じ、物心両面から豊かになってもらう。そして人生を楽しんでもらう。そこに私たちが存在する理由があります。
日々新たな製品・サービスを開発・ご提供し、最後まで誠意をもって取り組んで成果を出す。
ご縁を頂いた方やその先の人達に安心と満足をご提供出来る様、誠心誠意取り組んで参ります。

CONTACT

お問い合わせはこちらから。

pageTop