BLOG

社員ブログ - 仕事から たわいの無い話まで ざっくばらんにご紹介します。

2017/01/11

【Google Analytics】リファラースパム対策

【Google Analytics】リファラースパム対策

「ホスト名へのトラフィック」で除外できないリファラースパムがあったので
どうしたら除外できるか調べてみました。

「ホスト名へのトラフィック」で除外できない・・

リファラースパム対策として、以下のように
除外フィルターを「ホスト名へのトラフィック」にしていたのですが、
img002

除外できないものがある&量が多いので
フィルターを変えてみました。
img003

「blog.google/」「/17177991-1.compliance-alexa.xyz」「domains.google/」

「blog.google/」「/17177991-1.compliance-alexa.xyz」「domains.google/」など、ホスト名がnot setのスパムについては
・フィルタの種類=カスタム 「除外」
・フィルタフィールド=ホスト名
・フィルタパターン=not set
にセット。

img004

設定してから1か月くらい経っていますが
ちゃんと除外されているようです。

「/sharebutton.to」

こちらはホスト名・not setで除外できなかったので、再度設定変更しました。
・フィルタの種類=カスタム 「除外」
・フィルタフィールド=リクエストURI
・フィルタパターン=/sharebutton\.to$
にセット。

設定して1週間程度なのでまだわかりませんが
今のところ大丈夫なようです!

そのほかの設定やサービスなど。

「floating-share-buttons.com」「free-social-buttons.com」など、「●●●-buttons.com」で終わるもの

・フィルタの種類=カスタム 「除外」
・フィルタフィールド=キャンペーンのソース
・フィルタパターン=-buttons.com
にセット。

こちらは正規表現いらないので楽です。

ビュー設定→ボットのフィルタリング

Google Analyticsに検索エンジンのクローラーやその他ボットからのアクセスをフィルタリングする機能があります。
各プロファイルの、ビュー設定→ボットのフィルタリングという項目があるので、チェックを入れればこちらの機能が有効になります。

Referrer Spam Blocker でスパムリストの一発登録

リファラースパムを1つ1つ登録していくのは結構面倒・・
Referrer Spam Blocker』というウェブサービスを利用すると、スパムリストを一発登録してくれるようです。
まだ未使用ですので、こちらはご紹介まで。
こちらのサイトに詳しく載っていました。
 →Googleアナリティクスで簡単設定!リファラースパムのフィルタ除外登録を一発で完了させる方法

最新記事

アーカイブ

カテゴリ

タグ

投稿者

OUR MISSION

理念

「ITで人を豊かにする」

私たちが開発したシステムやサービスを通じ、物心両面から豊かになってもらう。そして人生を楽しんでもらう。そこに私たちが存在する理由があります。
日々新たな製品・サービスを開発・ご提供し、最後まで誠意をもって取り組んで成果を出す。
ご縁を頂いた方やその先の人達に安心と満足をご提供出来る様、誠心誠意取り組んで参ります。

pageTop